ヴィトックスαの副作用

ヴィトックスαは副作用・健康被害なしで安全です!抜け毛やハゲる心配もなし

ヴィトックスαは健康食品(サプリメント)なので、重大な副作用や健康被害を受ける恐れはありません。

 

下痢になったり、眠れなくなったり、抜け毛やハゲることもありません。

 

但し過剰摂取は控えて下さい。予期せぬ体調の異変が現れる可能性があります。

 

 

購入者全員に+1箱無料プレゼント!

 

 

 

配合成分の副作用・安全性をチェック

チェックマーク

 

ヴィトックスαは健康補助食品に分類されているサプリメントなので、重大な副作用が現れる心配はありません。

 

配合されている各成分の副作用の有無や安全性に関して詳しくみていきましょう。

 

ヴィトックスαには合計100種類以上の成分が配合されているので、全ての成分を紹介することはできません。

 

そこで含有量が多い主要成分をいくつかピックアップして、安全性に関して解説していこうと思います。

 

 

シトルリンの副作用・安全性

スイカ

 

ヴィトックスαに配合されている成分の中で一番含有量が多い成分がシトルリンです。

 

血管拡張作用があり、全身の血流を改善する働きがあります。

 

シトルリンはアミノ酸の一種で、スイカなどのウリ科の植物に含まれています。

 

普段私たちが口にする食材にも含まれている成分なので、副作用の心配はありません。

 

またシトルリンを過剰摂取した場合にも、副作用の症状や健康被害の報告はないので安心して下さい。

 

<引用>

L-シトルリンは生体機能にとって重要物質であり、動植物の生体内に普遍的に存在すること、食経験の長い食品中にも存在すること、などから安全性は高いと考えられる。

 

実際,マウス経口急性毒性試験ではLD50は5g/kg以上であった。ラット4週間反復投与試験(2g/kg/day)でも問題は認められなかった。

 

また、欧州で医薬品として長い使用実績があるCitrulline-MalateはL-シトルリンとして1日あたり3.4gを摂取するが問題となる副作用の報告は無い。

 

【出典】
食品と容器 2009 vol.50 | 缶詰技術研究会

 

 

アルギニンの副作用・安全性

アルギニンもアミノ酸の一種で、増大サプリに欠かせない成分です。

 

成長ホルモンの分泌を促す働きや、シトルリンの機能を高める働きがあります。

 

鶏肉や大豆、高野豆腐などの食材に豊富に含まれている成分なので、安全性は確認されています。

 

過剰摂取に関しても問題はありません。

 

胃腸が弱い方がアルギニンを過剰摂取するとお腹がゆるくなりますが、一時的なもので時間が経過すれば治まっていきます。

 

<引用>

アルギニンは、動物用医薬品、飼料添加物等、さまざまな分野での使用実績においても、これまでに安全性に関する特段の問題はみられていない。

 

また、国際機関における食品添加物の flavouring agent 及び flavouring substanceとしての評価において、アルギニンの食品としての摂取量が大きいことを考慮して、安全性上の懸念はないとされている。

 

【出典】
対象外物質評価書 アルギニン | 食品安全委員会肥料・飼料等専門調査会

 

 

亜鉛の副作用・安全性

牡蠣

 

亜鉛はミネラルの一種で、牡蠣(カキ)や肉類、魚類などに含まれています。

 

人間の身体が正常に機能するために欠かせない成分なので、副作用の心配はありません。

 

骨や毛髪、脳、臓器などのさまざまな部位にも存在しています。

 

 

過剰摂取に気を付けよう

但し亜鉛の過剰摂取には気を付けましょう。

 

悪心や嘔吐、食欲不振、下痢などの症状が現れる恐れがあります。

 

日本人の食事摂取基準(2015年版)の概要によると、亜鉛における1日あたりの摂取目安量は成人男性で10mg程度、そして耐容上限量は40〜45mg程度となっています。

 

一般的な食材には亜鉛の含有量自体が少ないので過剰摂取になることはありませんが、サプリメントなどで摂取する場合は注意が必要です。

 

ヴィトックスαにおける亜鉛の含有量はそこまで多くはないので、心配する必要はありません。

 

しかし、既に亜鉛のサプリを摂取している場合は、念のために亜鉛のサプリを控えるか、1日あたりの摂取量を減らすようにしましょう。

 

 

 

ガラナの副作用・安全性

ガラナ

 

ガラナはムクロジ科ガラナ属のつる植物で、南米のアマゾン川流域で自生しています。

 

炭酸飲料やエナジードリンク、サプリメント、ガムなどに配合されて使用されています。

 

ガラナの毒性に関しても問題がないことが分かっています。

 

<検証実験>

1998年に動物実験を伴った毒理学上のリサーチが行われました。

 

実験用の動物に体重1kgあたり2gという大量のガラナを摂取させたところ、一切毒性がないことが実証されています。

 

【出典】
Miura T, et al. Effect of guarana on exercise in normal and epinephrine-induced glycogenolytic mice. Biol Pharm Bull. 1998 Jun;21(6):646-8.

 

 

ガラナの中毒性

但し、ガラナには中毒性があることが指摘されています。

 

カフェインが豊富に含まれているので、過剰摂取すると下痢や頭痛、心拍数の増加、不眠などを引き起こす恐れがあります。

 

<引用>

一方で、ガラナに関して、注意喚起も行われています。2003年4月、OB/GYNニュースに掲載された調査によると、米国毒物コントロール・センターでサプリメントによる有害事例報告として2,332件を受けており、うち741件は副作用症状が見られるものであったといいます。

 

米国でダイエット成分、エフェドラ配合の製品を摂り、メジャーリーガーが死亡したという事件がありますが、その際、ガラナおよびエフェドラが含有されたサプリメントの使用で中毒症が疑われる事例が報告されています。

 

【引用記事】
ガラナ - 日本食品機能研究会

 

このような話を聞くと心配になりますが、ヴィトックスαではシトルリンが主要成分です。

 

1日に摂取目安量をきちんと守っていれば、ガラナの過剰摂取になることはありません。

 

<引用>

習慣的なカフェイン摂取に関しては、妊婦を除く健康な成人で400 mg/日以下であれば健康リスクへの懸念は生じない。

 

妊婦については、習慣的なカフェイン摂取200mg/日以下であれば、胎児に健康リスクは生じない。

 

授乳中の女性については、1回当たりのカフェイン摂取200mg以下、習慣的なカフェイン摂取200 mg/日以下であれば、健康リスクは生じない。

 

【出典】
食品中のカフェイン | 食品安全委員会

 

 

マカパウダーの副作用・安全性

マカパウダー

 

マカは南米ペルーのアンデス山脈に自生しているアブラナ科の植物です。

 

栄養価が高くてスタミナ食として重宝されてきたことから、『アンデスの女王』とも呼ばれています。

 

アミノ酸や亜鉛、ビタミンなどが含まれています。安全に関しても確認されています。

 

過剰摂取した場合の危険性

マカを過剰摂取すると、黄体ホルモンの働きが抑制されて、便の水分量が増えることから下痢になりやすくなります。

 

また、亜鉛が含まれているので、亜鉛を過剰摂取した場合の症状(悪心、嘔吐、食欲不振、下痢など)が現れる恐れがあります。

 

マカにおける研究が不足していて、明確な推奨摂取量は算出されていませんが、さまざまなサプリメントに配合されている点から考えても、あまり心配する必要はないと言えます。

 

ヴィトックスαでは過剰摂取を引き起こすほどのマカは含まれていません。安心して摂取して下さい。

 

<引用>

マカに関する体系的な研究は不足しており、マカの健康影響評価に利用できる研究を扱った科学文献はわずかしかない。

 

いくつかの動物実験で、マカあるいはマカエキスの摂取により、生殖器及びホルモンバランスへの影響が観察された。これらから望ましくない作用が誘発される可能性がある。

 

しかし入手可能なデータはごくわずかで、ヒトへの望ましくない作用を明確に科学的に証明している文献はない。

 

現在データ不足のため、食品及びサプリメント中のマカについて、健康へ問題のない摂取量を算出することはできない。

 

【出典】
ドイツ連邦リスク評価研究所(BfR)、マカを含むサプリメント及び食品のリスク評価を公表 | 食品安全委員会

 

 

購入者全員に+1箱無料プレゼント!

 

 

 

赤ガウクルアの副作用・安全性

赤ガウクルア

 

赤ガウクルアは東南アジアのメコン川流域に自生しているマメ科の植物です。

 

ミロエステロールと呼ばれる女性ホルモン活性物質が含まれています。

 

そのため、日常的に赤ガウクルアを摂取すると、女性ホルモン代謝系をかく乱する恐れがあると指摘しているウェブサイトもあります。

 

 

配合量が少ないので身体への影響も小さい

このように聞くと心配になりますが、ヴィトックスαの主要成分はシトルリンです。

 

たしかに赤ガウクルアも配合されていますが、配合量自体はそれほど多くはありません。

 

赤ガウクルアが配合されている増大サプリを飲んだことで健康被害を受けたという報告もないので安心して下さい。

 

但しホルモン療法を受けている場合は注意して下さい。

 

その他にも狭心症や降圧薬などの薬を服用している場合は、念のため、かかりつけの医師や薬剤師に相談することをおすすめします。

 

 

 

トンカットアリの副作用・安全性

トンカットアリ

 

トンカットアリは東南アジアの熱帯雨林地域に自生しているニガキ科の植物です。

 

養殖はなく全て天然なので、農薬や化学肥料などの身体に悪影響を及ぼす成分も使われていません。

 

また、マレー半島の現地住民は古くからトンカットアリを煎じて飲む習慣があり、安全性が確認されています。

 

現在でもマレーシア国内では、トンカットアリを配合したコーヒーや栄養ドリンクなどが販売されています。

 

但し過剰摂取をすると、腹痛や下痢、おう吐、頭痛などの症状が現れることがあります。

 

アメリカのユタ州で行われた臨床試験においてもトンカットアリの安全性が確認されています。

 

<臨床試験の結果>

64人(男性32人、女性32人)に被験者に対して1日あたり200mgのトンカットアリとプラセボの2つのグループに分類して4週間わたって摂取してもらう臨床試験が行われました。

 

試験を終了した63人(男性32人、女性31人)の中で、最初の2週間の期間において、いつにない疲労感を訴えた参加者が3人いましたが、他の有害事象または副作用の報告はありませんでした。

 

【出典】
Talbott SM, Talbott JA, George A, Pugh M.Effect of TongkatAli on stress hormones and psychological mood state in moderately stressed subjects.J Int Soc Sports Nutr. 2013 May 26;10(1):28.

 

 

ムクナの副作用・安全性

ムクナ

 

ムクナはマメ亜科トビカズラ属の植物です。インドやバハマなどの熱帯地方に自生しています。

 

マメの一種なので、重大な副作用の症状が現れる心配はありません。

 

ムクナの種子の粉末を最大20週間にわたって摂取しても、安全性が確認されています。

 

但しムクナのマメはアクが強いので、上手く処理しないと胃腸を刺激する恐れがあります。

 

また、ムクナ豆のさやの毛を摂取したり、皮膚に塗布する行為は控えて下さい。

 

さやの毛には強い刺激性があり、重度の痒みや灼熱感、腫脹などの症状が現れる恐れがあります。

 

ヴィトックスαではサプリメントして配合されているので、アクの影響を受ける心配はありません。

 

 

ボロホの副作用・安全性

ボロホ

 

ボロホは南米アマゾン川流域に自生しているアカネ科の植物です。

 

古くからインディオがボロホの果実を長寿の秘薬として使用してきた歴史があります。

 

流通量が少ないため、研究データもほとんど存在していないというのが実状です。

 

少し心配になるかもしれませんが、ボロホが原因で健康被害を受けたという報告はありません。

 

また、天然由来の果実という点や現地のインディオ達がボロホの果実を摂取していた点などを考えると、副作用の心配はないと言えます。

 

 

ヒハツの副作用・安全性

ヒハツ

 

ヒハツは東南アジアなどに自生しているコショウ科のツル性木質植物です。

 

ピぺリンという辛味成分が豊富に含まれています。

 

ヒハツは副作用の心配がなく、安心して摂取することができます。

 

大正製薬が販売しているヒハツ由来成分ピぺリンを配合している製品における安全性の評価が実施されています。

 

安全性の基本情報として『安全性試験の実施により、十分な安全性を確認している。』と結論付けています。

 

<引用>

細菌及びラットを用いて実施した安全性試験の結果から、ヒハツ由来ピペリンには変異原性及び一般毒性は認められないと考えられた。

 

また、本品を用いて実施した臨床試験(過剰摂取試験、長期摂取試験)において、本品と因果関係が否定できない有害事象(副作用)の発現は認められなかった。

 

さらに、既存のデータベースを検索した結果、医薬品との相互作用に関する報告は確認されなかった。

 

【出典】
消費者庁 機能性表示食品届出情報 - 大正製薬

 

 

ブラックジンジャーの副作用・安全性

ブラックジンジャー

 

ブラックジンジャーはその名のとおり、『黒ショウガ』のことです。

 

原産地はタイで、現地では『クラチャイダム』と呼ばれていて健康食として親しまれている食材です。

 

ミネラルやアミノ酸、ポリフェノールなどがバランスよく配合されています。

 

ブラックジンジャーはショウガ科の仲間なので、摂取することによる副作用や健康被害の心配はありません。

 

現地のタイでは1000年近く前から食べられています。

 

また、ブラックジンジャーはタイ政府・厚生省によってプロダクトチャンピオンに選ばれていて、安全性に関しても確認されています。

 

過剰摂取すると腹痛を引き起こすことがありますが、ヴィトックスαに含まれている量ではそのようなリスクもありません。

 

実験用のマウスを使用した急性毒性試験においても、問題がないことが報告されています。

 

<引用>

5週齢のICR系雌雄マウス(体重20〜25g)に黒ショウガエキス(賦形剤未添加黒ショウガ抽出物)を2000mg/kgの用量で経口投与し,温度23±2度,湿度50±10%,餌,水自由摂取の条件下で14日間飼育しました。

 

コントロール群との比較を行ったところ,異常な体重変化はみられず,また試験終了後の剖検においても臓器に異常は認められませんでした。

 

従って,マウスに対する黒ショウガエキス(賦形剤未添加黒ショウガ抽出物)のLD50は2000mg/kg以上です。

 

【出典】
黒ショウガエキス - オリザ油化

 

 

購入者全員に+1箱無料プレゼント!

 

 

 

食物アレルギーがある場合は注意して下さい

検査結果の数値

 

ヴィトックスαに配合されている成分は全て安全性が確認されていますが、食物アレルギーを持っている場合は注意して下さい。

 

食物アレルギーとは、アレルギーの原因となる食べ物を体内に摂取した際に、免疫機能が過剰に反応してさまざまな異変を起こす症状のことを指します。

 

本来は身体に害を及ぼさない食べ物を異物と判断してしまい、過敏に免疫反応を起こしてしまうのです。

 

食物アレルギーの主な症状としては、蕁麻疹(じんましん)や湿疹、痒みなどの皮膚系の症状が挙げられます。

 

その他にも粘膜や呼吸器、消化器、神経、循環器などに症状が現れるケースもあります。

 

【食物アレルギーの主な症状】

皮膚症状 蕁麻疹(じんましん)、かゆみ、赤み、むくみ、湿疹
粘膜症状 鼻水、鼻づまり、くしゃみ、口周りの違和感
呼吸器症状 咳、喘鳴(呼吸時にぜいぜいと雑音を発すること)、声枯れ、呼吸困難
消化器症状 嘔吐・はき気、下痢、腹痛
神経症状 頭痛、活気の低下、意識障害
循環器症状 血圧低下、不整脈、頻脈(心拍数が増加している状態)

 

 

食物アレルギーは主に子供の頃に現れる症状です。

 

高校生などの年齢になれば新たに発症することはないので、今まで食物アレルギーになったことがない場合は気にする必要はありません。

 

 

 

幅広い年齢に対応!高校生でも安全に飲めます

男子高校生

 

ヴィトックスαの購入者の年齢層は非常に幅広いです。

 

若い年代は高校生から、そして上の年齢では70代の方まで幅広い年齢層が購入しています。

 

時折、「未成年(高校生)でも飲んで大丈夫なの?」という質問が寄せられることもありますが、問題ありません。

 

ヴィトックスαは健康食品(サプリメント)なので、年齢制限は設定されていません。

 

たとえ高校生であっても副作用の心配なく、安心して飲むことができます。

 

但し、高校生の時期であれば、ヴィトックスαを飲まなくてもまだまだ成長する可能性があります。

 

特に周りの友達よりも成長が遅いを感じる場合はもう少し様子をみることをおすめします。

 

 

バイトや就職をしてから購入しよう

また、高校生の時期は毎月使える金額も限られていると思います。

 

既にアルバイトなどをして稼いでいるのであれば問題はないですが…。

 

しかしアルバイトをしていないと、ヴィトックスαを購入するお金を工面するのは大変だと思います。

 

高校を卒業した後にアルバイトや就職をして、給料を貰えるようになってからでも遅くはありません。

 

ヴィトックスαは20代や30代、40代の男性でも男の自信を手に入れています。

 

 

 

ヴィトックスαが原因で抜け毛が増えてたりハゲることはありません

オッケーをする男性

 

当サイトからのお問い合わせで、「ヴィトックスαを飲み続けることでハゲることはないですか?」という質問が送られてくることがあります。

 

どうやら、下半身の強さとハゲに因果関係があると思っているようです。

 

昔から「性欲の強い男性はハゲが多い」という噂があるため、このような疑問を抱くのだと思います。

 

結論から言いますと、ヴィトックスαを飲み続けたことが原因で抜け毛が増えたり、ハゲることはありません。

 

どんなに性欲が強くても、60歳を過ぎても髪の毛がフサフサな男性はいます。

 

逆に他の男性よりも性欲がなくてもハゲる男性も存在します。

 

 

薄毛やハゲの原因はAGAです

 

では、「薄毛やハゲの原因は何なのか?」というと、それはAGA(男性型脱毛症)が主な原因です。

 

最近ではAGAのテレビCMが放送されているので、あなたも知っていると思います。

 

AGAは悪玉男性ホルモンと呼ばれているDHT(ジヒドロテストステロン)という物質がヘアサイクルを乱すことによって生じます。

 

ヘアサイクルを乱された髪の毛は十分に成長できないまま抜け落ちていき、薄毛が進行していきます。

 

このDHTは還元酵素の5αリダクターゼという物質と男性ホルモンのテストステロンが結合することで生み出されます。

 

テストステロンは全ての男性の体内に存在していますが、5αリダクターゼの量には個人差があります。

 

つまり5αリダクターゼの量が多ければ薄毛になりやすいと言えます。

 

5αリダクターゼの量の多さは遺伝が大きく影響しています。

 

こればっかりはどうしようもないですね…。

 

もし、既に薄毛が気になっているのであれば、AGAクリニックなどの医療機関で薄毛治療を受けることを提案します。

 

ヴィトックスαを飲み続けたとしても5αリダクターゼが増えることはないので、安心して飲んで下さい。

 

 



⇒ 5年連続売上ナンバー1!ヴィトックスαで男の自信を手に入れる

 

 

 

トップへ戻る